SEKAIGURASHI

暮らすように旅したい。旅するように暮らしたい。海外移住を目指すある女のライフログ

【南インド短期留学3】インドと学校選択の理由

|

ナマステ!

インドはバンガロールで第2週目を迎えようとしているぺこ(@sekaigurashi)です。

さて、今回は傍から見たらちょっと変なインドで英語を勉強するという選択と、そのインドで語学学校をどう選んだかについて書きたいと思います。

 

 

留学先にインドを選んだ理由

インドというとどんなことを思い浮かべますか?

 

混沌 喧騒 カレー 不衛生 ゴミ ターバン 貧困 マハラジャ

 

 

 

・・・あまり良いイメージはないかも知れません。

 

でも私は、様々な文化や宗教が入り混じり、力強く生きる人々のエネルギーを感じるインドが好きです。

 

あるインドへ大学院留学していた方のブログで、「インドが好き」という人はインドをあまり理解していないか、自己満足か、友達や家族がいるかだと分類してました。

それは一概に「インドが好き」とは言えないほど、インドはそれぞれの州や地域が別々の国のように違うから、ということです。

 

私はまだインドに住んだこともないし、インド中を訪れたわけではないので、いろんな宗教の、いろんな文化をもつ、本当に様々な人がいるなぁと感じるくらいなのですが、

この批判はすごく的を射ていると感じます。

 

それでもやはり私はこの多文化でエネルギッシュなインドにものすごく惹かれています。

 

 

 

「インドのどこか1か所にもっとディープに滞在したい」

 

 

それが私がインドに行くことに決めた最も大きな理由です。

 

 

補足的な理由として、

 

1.インド人は英語をよく話す

インドの第一公用語はヒンディー語。

そして、第二公用語は英語です。

 

そのため、どの地域でも英語がある程度通じます。

特に学校教育を受けることができる中級クラス以上の若年者はとても流暢に話しますし、

いま私がいるバンガロールではお年寄りもオートリキシャのドライバーも、ある程度の英語は理解します。

ただし、インド英語特有の訛りが強いですが。

 

 

2.流行りのフィリピン留学より安い

フィリピンへの短期留学よりさらに、コストを抑えることができます。

もちろん学費は学校によってさまざまですが、フィリピンより全体的に安いと思います。

そして、現地での生活にかかる費用もとても安いです。

 

学校をどう選んだのかについて

学校選びの基準は簡単です。

 

コスト

 

以上です。

インドへの短期留学に関して、学校の質はそれほど気にしませんでした。(もちろん少しは気にしましたが

学校の良し悪しは行ってみないとわからないし、先生や教え方がそれぞれに合ってる、合ってないもあるでしょう。

 

それならば、

 

・ちゃんと授業をやっていて、且つ一番安いところ!!

 

・できれば、面白そうな都市に滞在したい。

 

そうして選んだのが、バンガロールにある SEE Academy という学校です。

私が探すことができた、ちゃんと運営されている英語学校で、一番安いのがここでした。

1日にグループ授業を3つ、計5時間。月曜日から金曜日まで週5日授業があり、土曜はテストとプレゼンテーションがあります。

これで月に12000Rs=24000円です。

 

破格ですよね?

 

英語は自分ひとりでも勉強できるもの。

でも様々な理由をつけてちゃんと勉強できないでいる。

そんな自分を英語なしでは生きられない状況において、勉強する動機づけをする。

授業は私の英語学習を補助する一助だと考えれば、とてもいい環境だと思います。

 

 

あなたも是非インド留学ご一緒しませんか?

 

 

 

 

 

 

 


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です