SEKAIGURASHI

暮らすように旅したい。旅するように暮らしたい。海外移住を目指すある女のライフログ

【南インド短期留学7】バンガロールでのバスの乗り方

|

こんにちは。

南インド短期留学を終え、日本に帰国したぺこ(@sekaigurashi)です。

いや、ほんとに全然記事を更新できてなくて焦ってます。ひえ~!

 

今回は前回書いたバンガロール交通の補足編として、便利なバスの乗り方をご紹介したいと思います!

 

 

バンガロールのローカルバスとは?

はてさて。

インドに来たことのある方はローカルバスというとイメージできますよね?

 

こんな感じです。

 

きれいなバスと廃車寸前疑惑のバスがありますが、どちらでも特に問題ありません。

ローカルバスは街の隅々を網羅していますので、利用できるようになるととても便利です。

その上、オートリキシャの数分の一の料金で移動可能です。

あなたの強い味方になること間違いなしです!

 

 

 

 

そんなバスに乗るにはまず、最寄りのバス停を見つけること。

バンガロールのバス停は基本的にすごくわかりやすいことが多いです。

多くの場合は、金属製の椅子と屋根のあるバス停があります。

 

タイより探しやすい印象。

 

SEE Academy周辺からの最寄りのバス停は、「 Jai Bharat Nagar 」

中心部方向に向かうバスが到着する登りのバス停はスーパーの目の前。

中心部から帰ってきたときに降りる下りのバス停はお菓子屋さんの目の前です。

 

 

GoogleMapを使ってインドでローカルバスに乗ろう!

目的地に向かうバスを調べるには、バス会社のHPを見るという方法もありますが、

めちゃくちゃ便利なのが、GoogleMap!!

使い方は簡単。

今回はSEE Academyからマジェスティックに向かうバスを調べてみます。

 

 

 

ステップその1:まずはスマホにGoogleMapをダウンロード

お手元のスマホにGoogleMapはダウンロードされていますか?

ほとんどの方はノープロブレムだと思いますが、まだの方はこの機会にどうぞ。

 

 

ステップその2:位置情報をONにする

ネットに接続している環境で位置情報をONにし現在地を特定。(Wi-Fi可)

位置情報をONにしたほうが使いやすいため、今回はその前提で進めます。

(位置情報をONにしたくない場合でもネットの接続があればバスを調べることが可能です。その場合は出発点も指定する必要があるのでひと手間増えるだけ)

 

 

ステップその3:GoogleMap上で目的地を探す

目的地を探し、そこをタップ。赤いピンが立ちます。

 

今回はマジェスティックへのバスを探すので、マジェスティックにある Kempegowda Bus Stationをタップし赤いピンを置きます。

 

 

ステップその4:経路情報を取得する

その状態で、右下の青丸の「経路」をタップ。

すると現在地から目的地までの何通りかの経路情報が取得できます。

しかし今回、日本にいるため「現在地から目的地まで」の検索ができないため、出発地を入力する必要があります。

(※現在バンガロールにおり、位置情報をオンにしているかたはこの作業は不要で、この時点で経路が提示されます)

「出発地を入力」の欄をタップしましょう。

すると、出発地を入力する画面になりますので、「地図上で選択する」を選びましょう。

あとは、出発地点をさがしてピンを置き、OKをタップするのみ!

今回はSEE Academyからマジェスティックへのバスを探していますので、SEE Academyを選びOKをタップします。

 

すると各手段での経路が出てきます。

 

左から順に、

車 バス・電車 歩き Uber での経路がでてきます。

今回はもちろん左から2番目のバスをタップ。

 

 

ステップその5:ルートを吟味する

すると何通りかの経路を提示してくれます。

一番行きやすくて、本数が多い経路を選びましょう。

 

基本的に1番目に提示されるものはGoogleおすすめの経路。のはず。

時と場合によって、提示されるルートの数や種類は異なります。

 

今回はFastestとして出てきている一番上のルートをタップします。

 

すると、ルートの詳細がでてきます。

 

 

 

バス番号の欄に3つバス番号が書かれているのがわかります。

これがマジェスティックまでいくバスの種類です。

2か所に同じバス番号が書かれていますが、下のほうの、Jai Bharat Nagarというバス停名の下に出ているバス番号の欄をタップします。

 

すると、今日これから到着する予定のバスがずらりとでてきます。

 

この経路ではたくさんのバスがマジェスティックに行くのがわかりますね!

本数もたくさんあります。

しかし、到着時刻や順序は実際とはかなり違います。

時刻表通りにバスが到着することはまずないと思いますので、ご注意を。

(大抵遅れてきます)

 

 

前の場面に戻って、経路をもう一度確認。

乗り換えもなく、まっすぐマジェスティックまで連れていってくれるので楽。

この経路で決まりぽいですね!

 

更に前の画面に戻り、念のためほかの経路も確認。

今度はMore by busのほうの経路を見てみます。

この経路には乗り換えがあるのがわかります。

 

やはり1番目の経路が使いやすそうですね。

ということで経路と使うバスを調べることができました。

 

あとは、バス停まで行ってバスを待つのみ!

バス停までの道順もGoogleMapがおしえてくれますよ。

青の点線の部分が歩くところです。

目的地をバス停以外に設定した場合も、そこまでの道順を教えてくれます。

GoogleMap、できる子です!

 

 

 

実際にバンガロールでローカルバスに乗ってみよう!

 

乗車の際は、女性は前の入り口から、男性は後ろの入り口から入るとスムーズです。

どうやらバンガロールでは、前方が女性専用の席になっているようなので。

そのため満員のバスでも異性に囲まれて居心地の悪い思いをする心配は少ないです。

 

 

また念のため、乗った後はすぐに運転手か車掌さんに声をかけ目的地に行くバスかどうかを尋ねましょう。

問題がなければそのまま乗せてくれますし、間違っていたら次で降りろと言われると思います。(案外車掌さんによるバス停名の認識違いだったりするのでよくよく確認を)

お目当てのバスなら、あとは目的地まで一直線。よく揺れますのでしっかりお掴まりください。

車掌が「チケッ!チケッ!」って近づいてきたら、目的地を告げ、「How much?」と聞いてお金渡しましょう。するとそのお金の書かれたレシートまたはチケットを渡してくれます。(お金渡すより先に渡されることもある)

バンガロールではその場でレシート発行してくれます!先進的!

 

大きな数字のお札を渡すとおつり問題でもめることがありますので、なるべくぴったり渡したほうが良いでしょう。

車掌さんに事前に目的地に行くかを確認しておくと、目的地についたときにここだと教えてくれることが多いです。

 

このGoogleMap機能を利用すれば、インドの都市でローカルバスを現地人並みに利用できます。

 

また、バスに乗ってる際はそのまま位置情報をONにした状態で乗ると、今経路のどの地点を走っているのかを確認することができます。

このまま青い点(現在地)がルートに沿って移動していきます。

 

インドのどの都市でこの機能が利用できるかはまだ確認できてません。

私はチェンナイやマイソールでも使いましたが、問題なく利用できました。旅行者が多い大都市は利用できるんじゃないかと思っております。

(※すべての都市で利用できるわけではありませんのでご注意を。因みに、ティルチラパッリでは利用できませんでした)

 

バスの運賃はSEE Academy最寄りのJai Bharat Nagarからマジェスティックまでで約20Rs(40円)。距離が短いと5Rs(10円)くらいです。

バスの種類や距離、経路に応じて運賃が変わるよう。

 

 

 

GoogleMap経路検索でバスを利用する際の注意点

この機能を利用する際の注意点としては、Google先生もやはり完璧ではないということ。

さきほどのJai Bhat Nagarからマジェスティックに行くバスも、同じ経路をいくバスがほかにもあります。

私が実際に乗って確認したマジェスティック行のバスは、

300H、302B、300B、(あと2つくらいあったのですが、メモし忘れました・・・)

それらのバスの中には、経路検索では出てこなかったものもありました。

しかし、その場にいるインド人は「これこれ!」と教えてくれます。

そう、経路検索で出てくるバス以外にも、同じ経路で目的地に行くバスがあることが多いので注意してください。

 

 

また、急な経路変更の際はさすがにGoogleマップも予測できない模様。

一度マジェスティック行のバスがシバジナガルバスターミナル止まりだったことがありました。

 

 

とはいっても、非常に利用価値の高いGoogleMap経路検索!

これがあれば、バンガロール中どこでも低料金で移動できます。

ぜひご活用ください!

 

 

※GPS機能はオフで利用できますが、経路の検索にはインターネットにアクセスできる環境が必要です。現地のSIMがあるとどこでも経路検索できて便利ですよ♪

 

 

 


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です