SEKAIGURASHI

暮らすように旅したい。旅するように暮らしたい。海外移住を目指すある女のライフログ

【南インド短期留学4】インドで英語を学ぼう!SEE Academyに通うためにすべきたった3つのこと

|

ナマステ!

今回はSEE Academyに通いたいという稀有な方に向けてこの学校に通うにはどうすればいいのかを書きたいと思います。

 

1.SEE AcademyのWebサイトを見る

さて、ファーストステップは簡単。

SEE Academyのサイトに行ってみましょう。

SEE Academy

またはGoogleで検索!

 

 

 

 

ちょっとしょぼいサイトが出てきますが、これであってます。

このページのメニューの Contact us をクリックすると、SEE Academyのメールアドレスが載っています。

Email: see_india@yahoo.com

 

このメールアドレスをコビーしてください。

 

 

2.SEE Academyにメールを送る

ファーストステップで確認したメールアドレス宛にメールを送ります。

もちろん、英語で。

英語を学びにいくのだから、多少英語が間違っていても伝われば大丈夫!なはずです!

私のつたない英語のメールを少し公開するとこんな感じです。

 

Dear Sir or Madam,

I’m 〇〇〇〇 from Japan. I’m interested in studying English in India. If it’s possible, I’d like to enter your school on March 1st.

My Plan

  1. Studying English for one month
  2. Home stay or PG
  3. Studying Hindi, Yoga, web skills (It’s depend on the fee)

Let me know your school courses for one month, and the cost of them.

I’m looking forward to hearing from you soon.

Best Regards,
〇〇〇〇

 

太文字の部分は状況と希望に合わせて変えてください。

というより、この文章は本当につたないと思うので参考までに!

 

私の場合、3月1日から学校に通うために2月1日にメールを送りました。

すると翌日には丁寧な返信がありました。

 

その返信によると、

  • 授業の料金は1日5時間の授業を週5日受けて、1カ月で11,300Rs(2万2,600円)これはクラスのレベルによって異なり、教科書代は別途かかる、とあります。(実際わたしは授業料12,000Rsと教科書代を払いました)
  • PGと呼ばれるホームステイは1カ月8,000Rsから10,000Rs。これはそれぞれの好みとその時の空き状況によって異なるとあります。
  • ウェブスキルのクラスは1日2時間の授業が週に5日あって、1カ月に5,000Rs。
  • ヒンディー語の授業も同じく1日2時間の授業が週に5日で、1カ月5,000Rs。
  • ヨガのクラスはないので、近隣の施設を利用してほしいとのこと(行ってみたら学校のヨガクラスもありましたが。週に3回1時間のヨガクラスがあって、1000Rs/月でした)

 

この返信から1週間後、バンガロールへのフライトを確保したうえで、何月何日の何時何分にバンガロール空港に着く予定かをメールで送りました。

 

そのメールに対しての短い返答があり(歓迎の旨の)、

 

さらにバンガロールに着く前日に明日着くからよろしくと念押しのメールを送りました。

(インドなのでうっかり忘れられているなんてことがないように)

 

 

3.学校に支払うインドルピーを確保する

これは、普通にインドで旅費等を確保するのと何ら変わりません。

私の場合、学校へ授業料+教科書代13,200Rs、家賃を大家へ8500Rs支払います。合わせて21,700Rsをすべてクレジットカードを使ってATMでキャッシングしました。

2017年3月現在、バンガロールのATMで一日に下せる額の上限は1万Rs(2万円)なので、3日に分けてキャッシングする必要がありました。

クレジットカードは海外でのキャッシングに対応しているものとしていないものがあります。

渡印前に各クレジットカード会社にご確認ください。

日本円を持参して現地で両替することももちろん可能です。(どちらがお得かは置いといて)

 

 

 

 

これが私が今の学校に通うためにしたことのすべてです。

 

 

 

そのほかにすべきことは、インドに普通に旅行に来るときと同じです。

 

インドへの航空券をとる

陸路で入国する人を除き、インドに入国するためのフライトチケットが必要です。

インドVISAを取る時も同じくフライトチケットが必要になりますので、早めに取得するとよいでしょう。

南インドへはクアラルンプール経由のAirasia便が安くて便利かと。時々やってる20%オフセールの時に取るとさらにお得!

 

インドのVISAをとる

2017年3月現在、インドへの渡航には必ずVISAが必要です。

VISAの取得には通常1週間以上かかります。

色んな種類のVISAがあるので、それぞれの状況によってどれが最適か吟味してください。長期間滞在するなら、とりあえず観光VISAが取りやすいかと。一か月以内の滞在ならアライバルビザもあります。

長期間がっつり留学するなら、学生用のVISAもあります!

これらのVISA情報はその時々により異なりますので、必ず最新の情報を公式サイトで確認してください。
>>Embassy of India ービザー(インド大使館のビザのページに飛びます)

 

インドビザの申請にはまずオンラインでの情報入力・申請が必要になります。

この入力が思いのほか面倒ですが、これを乗り越えればあとは申請しに行く、もしくは郵送するだけ。

入力した内容がすべて問題なければ、一発で通ります!!

申請料は1200円のビザ代と、インドビザアプリケーションセンターへの490円のサービスチャージ、インド大使館への200円のアディショナルチャージ、計1890円をまとめてインドビザアプリケーションセンターへ支払います。

郵送代は別途かかりますのでご注意ください。

 

各国のビザ代金一覧でわかりますが、これは破格の扱いだと思います!

 

私は観光ビザでインドに来ていますが、観光ビザは貴重なので盗まれないよう気を付けるように先生から言われました。

お金になるそうです・・・。

 

話がそれましたが、この厚遇がどれくらい続くのか、どうなのか。モディ政権中は大丈夫そうですが・・・。

これからもずっと続くようにしていきたいですね!!

 

 

これですべきこと全て終わりました。

いますぐにでもSEE Academyで授業を受けられますね!

ちなみに到着した当日から授業に参加できます。

 

Welcome~!

 

 


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です