SEKAIGURASHI

暮らすように旅したい。旅するように暮らしたい。海外移住を目指すある女のライフログ

【台南Cafe巡りvol.1】おしゃれで面白くて、居心地が良い。詰まるところ、超お気にいりのカフェです

|

こんにちは!

ぺこ(@sekaigurashi)です。

 

日本はそろそろお盆休み。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

台南の記事で触れたカフェ特集、早速始めてみました。

初回は私の一番好きなカフェから始めたいと思います!

 

 

台南でイチバンお気に入りのカフェは Room a.m. / Room a

台南火車站から南西に進んだ場所にあるカフェ、Room a.m. / Room a。

一歩足を踏み入れたらすぐにわかる、広々とした店内のおしゃれさ!!

 

 

もし台南に住むことになったら、通い詰めること間違いなし!!実際、このカフェを発見してからというもの、台南を訪れる際には必ず足を運んでおります。

私がこのブログにはじめて投稿した記事は、このカフェで書いておりました。

 

このカフェが変わっているのは、午前と午後で営業スタイルが異なるという点。

 

10:00~13:00は Room a.m. として普通のカフェとして営業。

メニューはこんな感じ。

おしゃれなメニューが揃っております!

1人最低120元分は頼む必要がありますが、120元は1元が3.7円だとすると、120×3.7=444円。最低これさえ頼めば13時までゆったりできるので、めちゃくちゃコスパ良いです。

 

 

私は120元だけで本当に13時まで大丈夫なのか、試してみました!

頼んだのは簡單吃厚片(中国語ができない私の勝手な訳=シンプル厚切りトースト)、60元。それから、卡布(Hot)=カプチーノ60元!

合計はちょうど120元なり。

 

そして、やってきたのがこちら!

 

なんだか、おしゃれ!

厚切りトーストにはマーマレードが塗ってありました。おいしい。

 

このときは、この後12時半くらいまでこのカフェにお世話になりました。

全然お金を使わなくて、すみません・・・

 

台南を訪れた際には必ず訪れて売り上げに貢献しますので、どうかお許しを~

 

 

 

この Room a.m. は13時まで。

ずいぶん営業時間が終わるの早いなと思われましたか?

 

 

しかし、実は13時でこのお店が閉まる、というわけではないんです。

13時からはなんと図書館としての営業が始まります。

 

・・・図書館?!

驚きますよね。このカフェはブックカフェとしても営業していて、午後からは料金体系が異なります。

入場料が最初に60元かかり、その1時間後から1分1元加算されていくシステム。

飲み物はフリードリンクでお金はかかりません。何か食べたいときは別途頼む必要があると思います。

 

 

図書館かー・・・。

どうせ中国語の本じゃ読めないしな・・・。

 

と思った方。ご安心ください。

このお店には日本語の本も多数あります。

この写真の右にある冊子、見えますか?

そう、私の大好きな雑誌、TRANSITです。しかも、持ってない『美しきイスラームという場所2015』版!!!!この雑誌に台南で出会えるなんて~!

ほかにもブルータスやポパイ、その他いろいろ日本語の雑誌がそろっとります。

 

店主の方、ないすセンスです。ぜひお会いしてみたい。

 

こんなところでも台湾の親日具合がうかがえますね。

 

 

この雑誌の存在でまたがっつり心つかまれた私。

これで通い詰める期間がまた増えそうです。

 

 

 

大好きすぎるカフェ。

勝手にもこれ以上混んでほしくないなぁ、なんて。

 

でもやっぱり、末永く営業を続けていただきたいし、このカフェの魅力もたくさんの人に体感して欲しい!!

台南にお越しの際にはぜひ一度訪れてみてください!!

 

■Information

  • Roon a.m.  10:00~13:00
  • Room a      13:00~22:30 (始めの1時間までは60元。その後1分1元ずつ加算)
  • 住所 中西區康樂街21號3F
  • HP https://www.facebook.com/on.RoomA/


Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です